ラオス手話:ヴィエンチャン

【単語の説明】

Vientiane:ラオスの首都。メコン川沿いに作られたラオス最大の都市で、16世紀の半ばごろにセーターティラート王King Setthathirat(1548-1571)により首都に定められた。

【動作文】

右手に「3」の手型をつくり、左手の掌の上に2回あてる。

【サインライト】