ラオス手話:ブッダパーク

【単語の説明】

(ワット・シェンクアーン)Boudha Park:ビエンチャン市街からメコン川に沿って下流方向へ約24キロ、友好橋の近くにある。ワット(寺院)という名前がついているが、実際にはコンクリート製の様々な仏像等がある。

【動作文】

①「3」の手型で下から上向きに「家」を作る。
②手を合わせる。
③五指を揃えた右手で「寝る」の仕草をする。

【サインライト】